3歳の娘との映画鑑賞記録 ~風人日記~

最近は娘と一緒に映画を観ることが多いので、感想だけでなく、そのときの娘の様子なども記録していきます。 子供にどんな映画をみせたらいいかの情報も募集中! 子供が生まれる前の感想もそのまま残してあります。

 娘(3歳)と一緒に観る映画がCGアニメに偏りすぎているということで、日本のアニメ。
momo

 80点

 公開時には気になってたものの、その後ソフト化されてもすっかり存在を忘れていて、たまたまお店に並んでいるのを手にとって、「ああ、こういうのあったな~」と。
 変な顔の妖怪も出てくるし、スタッフにはジブリの人たちもいるしで、もしかしたら娘も観ることができるんじゃないかと思いレンタル!

 予告編を見ると妖怪と一緒に踊ったりして(いるように見えた)楽しげ。


 ・・・ということで再生!
 ところがなかなか子供が喜びそうな見せ場がなく淡々とすすむ・・・これはダメかなぁ?と思って娘を見ると・・・身動きもせず画面をガン見!

【子供の反応:よかったっぽい!】
 というわけで、そのまま続行。
 景色がいいのか、主人公の女の子に共感しているのか、この展開でよくそこまで集中できるな、というくらいしっかり集中。
 そのうち妖怪が出てきたらもっと楽しくなるから大丈夫だろう、と安心して観てたのです・・・が!
momo2

 妖怪がはじめてぼんやり見えるこのシーンを見た途端、「もう見てられない、消して!」と言い出した!
 なんとかなだめて、そのまま観てたら、今度はマメが家に入って来るシーンで大泣き!
 『となりのトトロ』で大トトロが出てきたときにも号泣していたのを思い出しました。
 
 「妖怪さん、変な顔してるよ~。『千と千尋~』にも似たようなの出てきたしょ~」とごまかしているうちに、慣れてきたのか、また集中!
 妖怪とのやり取りにクスクス笑いも出てきて、オナラのシーンでは爆笑!
 クライマックス、妖怪たちによる動くトンネルを走り抜けていくシーンでは「ぐおーっ!」などと声をあげて大盛り上がり!

 最後、海辺でのシーンでは「よかったねぇ」とハッピーエンド認定。
 こういうのもちゃんと鑑賞できるなら、そろそろ『うる星やつら2』もいけるかな~と期待!


 静かな前半から、ものすごく丁寧に作られていることがひしひしと感じられる力の入った作品。
 声の出演もみんな好演。
 事前にカミヤマさんの妖怪たちに腹が立つという記事を読んでいたので、それがちょっとひっかかっていたものの、鑑賞中はほとんど気にならず。
 ⇒ももへの手紙(ネタバレ) 三角絞めでつかまえて
 
 さすがにラストの父親からの手紙は蛇足だと感じたものの、余韻をぶち壊すほどではなく。
 いい映画観たな~という気分に浸れました。

momo3

 娘のお気に入りは「白いの」とのこと。この帽子かぶった木の精(?)ですね。間違いなく『もののけ姫』のコダマも好きだろうな(☆゚∀゚)
 一緒に出てくる八頭身モナーみたいな妖怪も気になりました。
 

原案・脚本・監督:沖浦啓之
音楽:窪田ミナ
(声の出演):美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一、チョー

 娘がジブリアニメ版にはまっている。 
 どれくらいはまっているかというと、保育園にはじめて行く日に「おとうさん高い高いして、小さいときみたいに」からはじまって「うまくいかなかったら帰ってきていいんだよ」「そんなことになりませんよーだ」までを一緒に演じさせられるくらい。そのほか、生活の端々で劇中のセリフが引用される。(他にはアナ雪、バンビ、トトロ、パンダコパンダなどの引用も多い)。

 去年の9月に観てからだからなかなか息が長いハマりよう・・・じゃあ実写版はどうなんだろう?と思い鑑賞~!
001
 40点
 まあ思ったよりは楽しめたかもしれません。
 
 予告編はこちら。

 スタッフをながめていて、一番「え!?」と思うのが、監督。
 ホラー専門の印象のつよい清水崇監督。ホラーが苦手な私は『呪怨』はじめ、この人の作品はほとんどみていない。というかwikipediaでフィルモグラフィーながめたらプロデュース作品『キョンシー』しか観たことがなかった(☆゚∀゚)
 というわけで人生初の清水崇監督作品なわけですが、もう1人、気になるスタッフがいて、それがアクションディレクターの匠馬敏郎・・・要は坂口拓
 若い女の子のファンタジーでアクションというと谷垣健治がアクション監督を務めた『笑う大天使』のようなことになるのかと思ったけれど、まったくそんなそぶりもなく・・・。たぶん飛ぶシーンのためのワイヤーワークを担当したと思われます。
 
 映画自体は期待値が低かった分、それなりには楽しめました。
 キキ役の小芝風花はがんばってたんじゃないかと。



 実写版独自のキャラクターとしてタカミカラという歌えなくなった歌手が出てくるのだけど、これがちょっとデラックスじゃなくなったマツコみたいな人で、しかも演技がひどい! 歌声はたしかにすごくきれいだとは思うけれど、ストーリー上の重要人物として出てくるのはどうかなぁ。
 クライマックスでは嵐の中、熱唱するというシーンがあり、これがまるでPV! 雨に濡れ風に吹かれながらソウルフルに歌うマツコ!が映画全編通して一番インパクトのあるシーンになっているけど、いろんな意味で問題だ。

【子供の反応:そんなに悪くない】
 肝心の娘の反応は、とりあえず最初は怪訝な顔で鑑賞・・・「ジジ」「キキ」「魔女」という聞き覚えのある単語が出てくると『魔女の宅急便』との関連を察したらしく、旅立ちのシーンが終わったあたりで続けて観るか確認すると、「観る!」とのこと。
 ジブリ版でよく引用する好きなセリフがあまり出てこないのは不満そうだったけど、なんだかんだと最後まで鑑賞してた。
 鑑賞後、「こっちの魔女はどうだった?」と聞くと「かわいくない」とのこと・・・うーん、それなりにかわいかったけどなぁ(☆゚∀゚)
 でも実写映画では久々にちゃんと最後まで観ていたので、悪くはなかったんだと思われます。


監督:清水崇
アクションディレクター:匠馬敏郎
脚本 :奥寺佐渡子 、清水崇
原作:角野栄子
音楽:岩代太郎
主題歌:倉木麻衣
出演:小芝風花、尾野真千子、広田亮平、浅野忠信

 今日から5月ということでブログ記事の書き方もちょっと変えてみようかと・・・。
 いままでは試行錯誤の末、星取り式にしてましたが、今回からは100点満点式に。

 で、娘が夕食のときに寝落ちしてしまったため、予定していた『101匹わんちゃん』の代わりに妻と観たのが『イット・フォローズ』。
2017050101
 60点

 予告編はこちら。


 性交渉をすると移ってくる「それ」に襲われる!という新感覚ホラーで、巷の評判はすこぶるよい。
 ホラーは苦手ですが、妻はホラー好きだし、まあ「それ」がついてくるきっかけとなる「あれ」も楽しめそうだし・・・ということで鑑賞。

 観始めてなんか思ってたのと違うというか、たまにどきどきするけど、それほど怖くない。
 でもその分、もし自分がこの立場だったら、とかいろいろな想像をしながら楽しめる。
 
 最初のうちは「それ」は前からしか歩いて来ないのか、と思って、それならわりと楽勝では?と思っていたら後ろからもやってくるので油断できない。でも眠ってる間は襲ってこない良心的な設定! 車で引き離してから追いつかれるまでの時間とかも何らかの法則があるのかな。

 以下ちょっとネタバレ。
 「それ」は一見、性病のメタファーっぽいけど移っていくわけだから違うんだろうな・・・(監督も否定)。性病だったら感染させたほうにも残ってるはずだし。
 なかなか何を意味しているのかはわからないけど、童貞ポールが命惜しさに娼婦に移したりせず(一応検討する描写はある)、好きな人との一夜を大事にして背負っていくラストが「青春」という感じで、これを描きたいがための設定のようにも思える。
 
原題:It Follows
2014/アメリカ 上映時間100分
監督・製作・脚本:デビッド・ロバート・ミッチェル
音楽:リチャード・ブリーランド
出演:マイカ・モンロー、キーア・ギルクリスト、ダニエル・ゾバット、ジェイク・ウィアリー

 

 以前にも観ていたのだけど、今度は娘と鑑賞。
 そもそも『 E.T.』を観ようとしていたのですが、なかなか画面を見てくれず、おもちゃで遊んでいる状態・・・絵的に面白いこちらで興味をひこうと思って、はじめの部分をみせたらしっかり食いついてきたので、そのまま一気に最後まで鑑賞しました。

 ところどころ子供なら怖いと思っても不思議のないシーンがあるものの、それほど怖がることなく観てました。子供はああいうの好きなんでしょうか(☆゚∀゚)
 0歳児の頃から林原めぐみ閣下の童謡のCDを聞かせているため、ヒロインの声に安心感を覚えたという可能性もありますが、なにはともあれ、こういう映画をきちんと最後まで観ることができるということを確認できたのはよかった。実写映画に弱いのはなんとかしたいけれど、まだまだ焦らず少しずつ・・・。
 鑑賞中、「なんで?」とか「どうして?」と聞かれることもたびたびあったけれど、私もよく理解しないで観てるので答えられなかった!
 あと以前観たときよりは楽しく鑑賞できた気がします。

 この楽しい悪夢のようなパレードのシーンなんかはとてもいい感じ。
 サントラも欲しくなりました~!

  私の趣味からすると、本来なら観ることはなかったのだろうけど、先日テレビで放映したのを娘が見てしまったらしく、きちんと観たいと主張するのでブルーレイディスクを借りてきて鑑賞。
 さすがに大ヒットしただけあって、よく出来ているし、それなりに楽しめた。
 
 映像が気合が入っていて美しいだけでなく、ストーリーもきちんとしている。突如歌いながらはじまるアナとハンス王子のロマンスは「やれやれ、いつものパターンか」と思っていると気持ちよくひっくり返されるし、「真実の愛」もそっちか!という感じだし、そういったひねりも楽しい。
 音楽はスティーブ・マーチンの『ピンクパンサー』や、『ハングオーバー』といったシリーズなどでもおなじみのクリストフ・ベック。でも有名な主題歌の作曲は別の人。

 で、やはりすごいのは娘が思いっきりはまってること。
 「ママのー、ママのー!」と主題歌を間違いながら歌うのはもちろん、座って足がつかないと「高いところって空気が薄いのね」と言ってみたり、なかなか影響を受けている。

 主題歌も気に入っているようだけど、こちらの「雪だるまつくろう」もかなりのお気に入り。
   
 普通に口ずさむだけでなく、トイレに入っているときなどにノックしてきて「あっちへ行って」というと「わかったよ~♪」と歌ったり・・・。
 
 とりあえずあの衣装にはそれほど興味がないようなのでよいけど、ディズニーの影響力を再認識させられました。
  

↑このページのトップヘ