「COMICリュウ」という雑誌の付録DVD。
 押井守監督による「立喰師」の外伝で、短編だが日本映画として評価。

 『立喰師列伝』が好きならこれも好きという、そんな作品。単独の映画としては成立していない気がする。最低一回は『立喰師列伝』を観ていないと楽しめないだろう。あの映画でも際だって魅力的だったケツネコロッケのお銀に対する監督の思い入れだけで作られたような作品なので、キャラに対する思い入れがあればあるほど楽しめる。
 
 短編なのに物語の展開に直接必要がない描写が多いのは、やはり押井守、笑。
 しかし遊びが多いこともあって、退屈はしない。
 映画『立喰師列伝』について劇中で触れられているのもお楽しみの一つ。そうだったのかぁ・・・と苦笑せざるを得ない。

 そして最も重要なケツネコロッケのお銀(?)の描写。ちゃんと魅力的!彼女が出てきてから映画の空気が変わる。鳥肌もののシーンが二つ。箸を取り出すシーンとあの一言を発するシーン。その余韻の消えぬうちにエンドクレジット、お銀さんを演じた兵頭まこの歌う「灰色の花びら」が余韻を増幅させる。いや~いいもの観ました♪

 『立喰師列伝』よりまとまっているが、それは短いので当然か。セットで楽しみたい。