ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット

 ホラー映画はまず観ない私ですが、友人がいいと言っていたので借りてみました。本日の2本目。怖いです・・・。

 やっぱり私はホラーはダメです・・・。
 そりゃ楽しみましたよ。面白い映画なんですけど、怖い夢みそうで眠れないんですよ!

 冒頭からスピーディーな展開でぐいぐいと引き込んでくれるんですが、うまく「みたくないけどみたい」という気持ちにさせてくれるせいで何だかいろいろグロ映像をみてしまいました・・・。たしかに出来はいい。なかなかいいキャラもいるし(お気に入りはCJでした。途中からいい人になりすぎたきらいはありますが)、死を目前にしてのつかの間のはしゃぎぶりなどの描写もいい。バス改造シーンなどは停電したときなど非常事態のちょっとワクワクする感覚の延長線上にあるワクワクがある。
 不満点は女主人公がなかなか冷静な判断をしないのでちょっとイラつくこと。あとはやっぱり怖いこと。もうホラーはみないようにしよう・・・笑。
 
 そういえば藤子・F・不二雄の短編で(以下ネタバレ含んでます。読む場合は反転してください→→ヴァンパイアになった主人公が感覚も変わってこんないいものだったら逃げ回らないではやくヴァンパイアになればよかった←←)というオチの作品があったけど、あれは新鮮だった。