ミクシィの方でも挙げたけど読んでくれる人がほぼかぶらないので、こちらにもアップ。
 
 1年前くらいから(あくまで個人で楽しむために)CDを作ってみようといろんな音源を集めているのですが、1人ではどうしても趣味が偏ります。
 ・・・ということでみなさんのおすすめの歌がありましたら教えてください! 選考基準は聴いたときに「なんじゃこりゃ?」と思えるような濃い歌(基本的に日本語歌詞で)。

 ちなみに今のところ候補は以下のようになっています。

・「あの人に似ている」 高倉健&裕木奈江
 一時期競馬のCMで親子という設定で共演していた2人のデュエット。作詞作曲はさだまさし&中島みゆきという夢のコラボ(後にこの2人で歌ったバージョンも出た)。ただのデュエットではなくコード進行だけを決めておいて別々に作詞作曲、サビでやっとハモるという実験的な曲。歌い手2人の声質がまったく異なるためか生じる妙な噛み合わなさが不思議な雰囲気を醸し出している。

・「君は人のために死ねるか」 杉良太郎
 リミックスCDが出るなど、有名になりすぎた感もあるが、杉サマと言えばこの曲!彼が主演した(たぶん)唯一の刑事ドラマ『大捜査線』の主題歌。アリスの「チャンピオン」のような歌が歌いたいと杉サマが言ったことから誕生したらしい。

・「空いっぱいの涙」 田村正和
 デビュー当初は青春スターだった(らしい)田村正和が主演した同名映画の主題歌。田村正和唯一のレコード、ということは当然B面曲も存在するが(「俺はしみじみ唄うのさ」)、音源見つからず・・・。しかし端々に田村節を感じられインパクトは充分!

・「青い山脈」 舘ひろし
 あの名曲をここまで自分のものにしてしまうことがまずすごい!間奏の「ア~アァ~ン♪」という声などは既に伝説となっているが、期待に違わない素晴らしさである。

・「尖沙咀超級夜」 ジャッキー・チェン
 ジャッキー・チェンが日本語で歌った歌としては他にもいくつかあるが、その中でも印象深い。サビの一番盛り上がるところの歌詞が「ゴキゲン明子 買い物上手 日本娘(ヤップンムイ)♪」とか言うのは作詞者狙ってるだろうという感じだが、意味などさておき頑張って歌ってるジャッキーが素敵だ。香港の素晴らしさをアピールする歌とのことで「パワー爆発 スーパーシティー♪」などと歌ってます。

・「表参道軟派ストリート」 水谷豊
 ドラマ『相棒』で落ち着いた役柄を演じている水谷豊。でももともとは軽い役柄を得意としていましたね。それがうかがえる1曲。サビがダジャレ・・・だけどなかなかオシャレな感じのする歌である。セリフ回しが絶妙で楽しい。

・「呪い」 山崎ハコ
 「こーんこーん こーんこーん クギを刺す♪」という歌詞が強烈だが、それを情念を感じさせつつ淡々と歌った名曲。これも若干有名になりすぎた感がある。山崎ハコでは救いようのなさではピカ一の「きょうだい心中」とどちらがよいか迷い中。

・「死ね死ね団のテーマ」 キャッツアイズとヤング・フレッシュ
 ネットでも有名ですね。歌詞のほとんどが「死ね」という狂っているような歌。特撮ヒーローもの『レインボーマン』の敵・死ね死ね団のテーマ曲。「死ね!」と歌う時の力の込め方など、やめてくださいよ、もう!という感じ。作詞は森進一との「おふくろさん」問題で争った川内康範。

・「『仁義なき戦い』の果てに」 菅原文太
 作詞・深作欣二ですよ!
 映画『仁義なき戦い』の世界を文太兄ィが歌い語りつくす!!!・・・語り? そう、かなりの長セリフが続くのです。というか歌ってるより長いよ、コレ。映像でみせられるとしびれるシチュエーションも語られちゃうと、とっても気恥ずかしいものがあります。熱いからいいんだけど。マイナスポイントとしてはその語り部分が広島弁ではないことか、笑。

・「風と雲と虹と」 加藤剛
 『大岡越前』の加藤剛が主演した同名のNHK大河ドラマの主題歌(主題歌がある大河ドラマはこれと『新撰組!』くらいか?)。加藤剛のおそろしく生真面目な歌い方で、「君よオーラ、オーラオラオラオーラ♪」という意味不明なサビを歌われたらたまりません。

・「浜辺のメルヘン」 梶芽衣子
 タランティーノ効果でとても手に入りやすくなった「怨み節」はとりあえず外すとしたら・・・さわやかなようでいてけっこう怖いこの曲かなぁ。

・「男が死んで行く時に」 安藤昇
 安藤昇先生が歌う「死に際の男の独白」。歌・・・というか先生は語るだけだが、さすがに風格が漂います。・・・とはいえ、死に際に語りすぎ!笑 歌詞も「女か 顔も忘れた 名前も忘れた (中略) 俺が死んで 泣くやつ1000人 笑うやつ1000人 知らぬそぶりが1000人か」・・・とか漢っぷりが冴え渡ります。

 うーん・・・東映映画関連に若干偏ってますねぇ・・・。
 西村雅彦の「大きな古時計」や古畑のテーマに歌をつけた「今泉君を讃える歌」、梅宮辰夫が「シンボル、シンボル、男のシンボル~♪」と歌う「シンボルロック」などはちょっと狙いすぎな感じがするので微妙なところ。