刑務所の中 特別版

 いや~なつかしいな~。
 ・・・って刑務所が、じゃなくてこの映画を映画館に観にいった頃が、笑。
 誤解をまねくようなことを書くなって感じですか、そうですか。
 ちょっとだけ昔を思い出してしまいましたよ。わっしょい!

 それにしても・・・刑務所生活って究極のシンプルライフ&スローライフじゃないですか!刑務所生活も悪くなさそうだぞ、とかこれ観たら思ってしまうよね、きっと。

 なにがすごいって、もっとも自由を制限されているはずの刑務所だからこそ際立つ意外なまでの自由さ!テレビもみることができれば本も読める。土日祝日は免業日で昼寝もできる。仕事ができようができまいが食べ物は与えられるし、がんばれば映画上映も観られる!ものすごく心穏やかになれそうである。あまり上等なものでなくてもすごく美味しく感じだり、ちょっとしたことに夢中になったり・・・囚人たちは楽しいことに対して鋭敏になれるのだねぇ。刑務所の中に比べてはるかに楽しいことがあるはずなのに、私はちゃんと楽しんでるのか?とちょっと身につまされたりもする。

 事件は起きないけれど小ネタは非常に多いし、邦画なのでマネしてみたくなるセリフもいっぱい(「願いま~す」とか「ビューだね」とか)。各登場人物の刑務所に入った経緯なんてヤボなものは気にせず、のほほ~んと楽しむことのできる作品。必殺ファンとしては山崎努の坊主姿を久々にみることができたというのもポイントが高い。