たしかに面白い! 安心して楽しめる。
 でもね・・・・・・ 

 勘違いしたニセモノの物語。
 『サボテン・ブラザーズ』や『ギャラクシー・クエスト』という偉大な先達があり、三谷幸喜もそれらを認識していることはドラマ『合い言葉は勇気』の時期に何かで書いていた。その文章でたしかこの手の作品は勘違いしていた主人公が状況を認識してから、もしくはニセモノだとバレてからが勝負、というようなことを書いていたような気がするのだが(なんの文章だっけか・・・)、どうもその後半がいまいち。

 その代わり前半は飛ばしてくれる!三谷作品は伏線を張るのに忙しくて終盤までかなりの我慢を強いられることが多いのだが、今回はそれがない。売れない俳優を佐藤浩市が嬉々として演じている。のりにのった役者さんの演技ってやっぱりいいねー。
 で、アクション映画では主人公がどんなにいい動きをしてもそれを受けるスタントマンたちのリアクションが重要だったりするわけですが、コメディでもそれは同じ。まわりがどう受けるかが重要。最大の不安要素・メインの妻夫木聡はオールバックにして時折若い頃の唐沢寿明を思わせて、とりあえず流れを邪魔せず立派。あとは安心できる顔ぶれ。西田敏行に寺島進、小日向文世、伊吹吾郎etc。特に寺島進はいつものイメージ通りのコワモテを崩すことなく勘違いし続け笑いを加速させる。そろそろ「怖い顔だけどいい人」が定着してしまいそうなので新機軸は望まれるが、とりあえず今回もいい感じでした。そういえば「アニキに聞けよ」で触れていた「全編笑ってる役」ってなんなんだろう、気になるなー。

 で、シチュエーションがいいので最初からテンポよく笑わせてくれる。
 ただ若干「映画愛」を語りすぎるなーと思っていると、それが後半どんどん増長していくことに・・・。
 こういうニセモノものの感動させるポイントは「ニセモノがいかに本物になるか」に尽きるのだと思う。ニセモノが本物のヒーローになるというドラマと、一旦は人生にやる気を失いかけた主人公が情熱を取り戻すというドラマがシンクロして感動につながるのだ。先に挙げた『サボテン・ブラザーズ』も『ギャラクシー・クエスト』もそうだった。
 ところが今回の映画の場合は「殺し屋」ということで、本物になってしまうと困るというのが痛いところ。三流役者の主人公が情熱を取り戻すドラマはあるものの、相乗効果をあげるはずの要素が使えない・・・代わりに強調されるのが「映画っていいもの」という映画好きなら否定できない映画愛。なんか姑息な気もちょっとするが、問題はそこではなくこれがまったく効果的でないということ。ポイントがずれているとしか言えない。
 うーん・・・いかに画面が派手でも盛り上がらないものは盛り上がらない。

 同様のシチュエーションで予告編からして毒まみれの『トロピック・サンダー』にはげしく期待したい。

(追記)
 日本映画でこのニセモノものの成功例をひとつ思い出したので書いておく。
 それは『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』!別に騙そうとしているわけじゃないのだけれど、ヒーローを演じる役者が本物のヒーローになるというのをアニメならではの描写をまじえてみせてくれる。