リンク先はサントラCD
Wanted [Original Motion Picture Soundtrack]

 先行上映いってきましたっ!
 
 事前の情報だと『マトリックス』もどきのストーリーかな(黒人のリーダー、女の仲間、冴えない生活を送ってた主人公、という布陣もまんま)と思ってて、実際、「フラタニティ」の仲間になることを決心してアンジーの車に乗るシーンで明らかに『マトリックス』を意識したくすぐりもあったりするのだが、ダウンロードすればカンフーをマスターとかなめたことをしていたあの作品とは違い、血みどろの修行シーンがしっかり描かれている(アンジーにボコボコにされるのは男にとってのファンタジー♪)ことや、オチまで失速することなく描ききって下手に続編を意識させない潔さなどこちらの方が好感度は高い。

 詰め込みすぎと思えるくらいもりだくさんな内容を出し惜しみのないアクションとともに描くので、ちょっとがちゃがちゃしすぎな印象も。主人公が例によって生きている実感のない若者というのも、この時点で感情移入できないのでマイナス…。

 とはいえアクション面、ドラマ面で見所はたくさんあるので飽きることはない。
 ガン=カタ以後の映画として銃撃戦はかなり工夫が凝らされているし、ここぞというところであえてスローにならない演出も新鮮。
 
 そして何をおいてもアンジェリーナ・ジョリー!!!!!!!
 彼女が今まででいちばん格好いい映画じゃないだろか。脇にまわり余計なことを考えずに凶暴さを発揮、でも時折みせる主人公をみつめる慈愛に満ちた表情…とこれぞいい女!拍手ものです。主人公覚醒後の最後の殴り込みに際してもはっきり言って主人公より何十倍も格好いい。こういうアンジーがみたかったというみんなの脳内アンジーに忠実な素晴らしさは大画面でみるに値するっ!

 そんなわけでとりあえず観て損のない作品に仕上がってましたよ。