昨日は『相棒』の話をしましたが、これと対照的なのが同じテレ朝で金曜日放送の『必殺仕事人2009』。

 話の展開そのものは新味を出そうとしているのがうかがえるのに、音楽の使い方や作劇の型(出陣~殺し~渡辺家コントの流れとか)など伝統にとらわれすぎな気がする。まあ久々だし、いまはまずスタンダードな「必殺」をみせようとしているのかもしれないけれど、個人的に出陣シーンであの曲が流れると、またか…という気分になってしまうんですよね、笑

 レギュラーメンバーのフォーマットはキャラクター性を一部取り替えてはいるが、『必殺仕置人』で確立された刀系・力技系・刺し技系という原点回帰路線(刀=主水、力技=鉄、刺し技=錠だったのを鉄系キャラの涼次が刺し技に、錠的キャラの源太は…なんか中途半端な必殺技です、笑 いちばん近いのは折鶴で殺していた夜鶴の銀平か…力技は絞め技と互換ってことで!笑)。主水はそろそろ元締でもいいような気がする。メンバーがひと通り誰かを殺さなきゃならないというのは脱却してもいいんじゃないかな、と。今シリーズなら最低4人は悪人がいるんだな、ってことでストーリー展開がある程度読めてします、笑(目黒裕樹は息子に殺されたりするのかな、と一瞬思ったけど、人数的にそれはないな、とか…)順序もその時その時で変えたほうが感情移入できる。
 それぞれの演技はまぁ…そのうちなじんでくることもあるだろうし、「江戸時代の人間にみえない」とかは必殺シリーズに関しては別にマイナスではないし、ジャニーズより和久井映見の方が浮いている気もした。藤田まことが画面を締めている今のうちに若手が力をつけてくれればいいな、と。

 ただ前回、目黒裕樹に対して武士でもある主人公が正々堂々と戦わなかったのはよかった。東山紀之の殺陣も決まっていたし! 相手を殺すことが第一の目的の殺し屋だから、より確実な手段を使うのは当然(『仕掛人』の左内さんあたりだと名乗りあって勝負していそう…)。こういう裏稼業ゆえの「きたなさ」がもっと出てくれば、面白いドラマになってくれる気がする。
 ハイビジョン撮りということもあって、はっきりくっきりしすぎてる感はあるけれど、さすがの映像美は健在だし、とりあえずは毎週必殺が放送されるというファン念願の現状を素直に喜びたい。


必殺! <劇場版>DVD-BOX
必殺! <劇場版>DVD-BOX
藤田まこと

関連商品
必殺スペシャル 上巻 [DVD]
必殺スペシャル 中巻 [DVD]
必殺スペシャル 下巻 [DVD]
必殺仕事人III 下巻 [DVD]
必殺仕事人III 上巻 [DVD]
by G-Tools