ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
 今回もCMでさんざん流されて、主題歌がやけに頭に残るディズニーの新作『モアナと伝説の海』。
  
 Dlifeを好んでみている娘は当然タイトルをフルで覚えるくらい刷り込まれていて、「これみたい?」と聞くと「はい」と答えたので、公開3日目の3月12日に劇場へ。『ズートピア』『ファインディングドリー』に続いて3回目の映画館、ビデオでの鑑賞を含めると大体100本目くらい。3歳になって初めての映画館で、つまり初めて料金を払っての鑑賞! 
 時間帯のせいか満員ということはなく、それなりに混んでる程度。子連れが多く多少は声を出しても大丈夫そうな雰囲気なので安心。

 予告編と短編、合わせて15分くらい? けっこう長い印象。落ち着きがなかったのでちょっと心配になったものの、自席から母親の膝の上、私の膝の上・・・と移動をしながらも特に騒ぐことなく最後まで鑑賞。

 映画そのものはいつも通りのよく出来たディズニー映画で、観ている間は楽しいし、テーマもある。ただ盛り上がりには欠けると感じたのは、見せ場が多すぎるせいか。徐々に盛り上がっていったりすることもないし、『ドリー』のように親を狙った泣かせどころもない(モアナが出かけるシーンの母親描写くらいか)ので、あまり心に残ることはないけど、いろいろな映画へのオマージュと思われるシーンもあり楽しい。
 途中の海賊襲撃はあからさまに『マッドマックス』だし、クライマックスの敵が巨神兵のようだなと思っていたら、ヒロインの光る石に反応する『ラピュタ』っぽいシーンをはさみ、『もののけ姫』のラストっぽくなっていくというのも面白かった。
 吹き替えは歌も含め違和感なし。最近では吹き替えにも慣れてきたかも・・・。
 特にカニのお化けみたいなキャラがいい声で歌うな~と思っていたら、ROLLYだった、笑
 

【3歳の娘の反応】
 鑑賞後の帰り道、「何の映画観たんだっけ?」と聞くと「がんこちゃんの映画」と答えてきた。どう認識されているのだろう・・・。