『新魔界大冒険』があまりよい出来ではなかったけれど、娘が観たいというので仕方なく観た本作、期待値は低かったけれど・・・。



 55点
 
 意外によく出来ていました!

 予告編はこちら。


 スピルバーグが『ET』の参考にしたとも言われるなど名作と名高い映画版前作は未見なので前作との違いは不明。何度も読み返したことのある原作漫画にほぼ忠実な展開で、原作からの改編もうまくいっている印象
 大長編ドラえもんでタイムパトロールとドラミちゃんの存在は鬼門だと感じていて、いろいろなことを解決させるのに便利だけど、映画版のどれかをテレビでちらっと観たときに都合よすぎて「ああ、それで解決させちゃうんだ」としらけてしまった記憶が・・・。
 それが今回は基本的にはのび太一行で悪人を退治、自力で最後まで頑張るという展開に改変されており、よかったなぁと。
 しずかちゃんの扱いはパンチラやシャワーシーン、水着シーンなどが基本的にないプリキュアを見慣れてしまうとええーっと感じてしまうくらい、笑
 
 原作に比べ動きや表情が子供受けを狙って大げさになっている印象も。
 もくろみ通り、娘は「生あたたかく見守るドラえもんの目」からはじまり、変な表情や動きに受けまくってました。
 恐竜が怖く演出されているシーンではちゃんと恐がり、ピー助とのび太の別れのシーンではじっと画面に見入っているなど、しっかり楽しんだ様子。

 メップルのお母さんがダークプリキュアだったり、ハミィも出てきたりと、プリキュアに慣れてしまうと声優さんで盛り上がれるのもちょっとした楽しみ、笑

監督 渡辺歩
脚本 渡辺歩、楠葉宏三
出演者 水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 神木隆之介 内海賢二
音楽 沢田完