ミスタービーンをちゃんと見たことはなかったのですが、動き重視のコメディということで子供も楽しめるのかなと思い、ちょっとは見たことがあるという妻に聞いてみたところ「面白がるかもね」との返事だったのでTVスティックをプロジェクターに接続して、プライムビデオで吹き替え版を鑑賞


 (リンク先はブルーレイディスクです)

 1997年の映画とは思えないくらい鮮明な画像に驚きながら鑑賞開始!

 冒頭いきなり子供に見せてよかったかなと悩むようなシーン(飛行機でのエチケット袋のシーン)があるものの、基本的には変な顔とか変な動きに面白がってる様子なのでそのまま続行。
 勘違いから起こる面白さはあまり理解できていなかったようで、少し笑いがとまったなと思っていたら、名画がどんどんひどいことになっていくあたりで「もう見ない」が! あまりのひどい状況にいたたまれなくなったのかも。
 
 その後、絵の修復に向かうあたりで楽しくなってきたのか、なんとかかんとか最後まで観てました。
 あの修復・・・というかあのごまかし方でその後大丈夫なのかな、とか思ったりもしたけれど、アメリカ人は絵のことなんかわからないというイギリス流のブラックジョークなのかも。 続編の方が本来のMr.ビーンの魅力が出ているということで、もしかしたらそちらの方が楽しめるのかなと思ったり・・・。

 それと吹き替え版にはいくつかのバージョンがあるようだけど、プライムビデオはどれなんだろう? 広川さんではなさそうだけど・・・。

監督:メル・スミス
音楽:ハワード・グッドール
出演:ローワン・アトキンソン、ピーター・マクニコル、パメラ・リード