3歳の娘との映画鑑賞記録 ~風人日記~

最近は娘と一緒に映画を観ることが多いので、感想だけでなく、そのときの娘の様子なども記録していきます。 子供にどんな映画をみせたらいいかの情報も募集中! 子供が生まれる前の感想もそのまま残してあります。

カテゴリ: その他の映画

ハーフ・ア・チャンス [DVD]ハーフ・ア・チャンス [DVD]
アラン・ドロン, ジャン=ポール・ベルモンド, ヴァネッサ・パラディ, パトリス・ルコント

ハピネット 2006-11-24
売り上げランキング : 24761

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 micchiiさんのところで『ボルサリーノ2』のDVD再発売が話題になっていましたが、その前作『ボルサリーノ』(観てることになってるけど小学生の頃なのでまったく覚えてない…)で共演したジャン・ポール・ベルモンドとアラン・ドロン。その28年ぶりの共演作…1998年の作品だから、もう10年も前の作品なんですね。 

 なにを隠そう、私にとっては初パトリス・ルコント作品。
 『髪結いの亭主』『仕立屋の恋』が話題になっているのは知っていたが、恋愛をうじうじ描いた映画は当時観たいと思わなかったこともあって彼の作品に触れることはなかった。アラン・ドロンもジャン・ポール・ベルモンドも特に思い入れはない。ただ格好いいジジイが大活躍という話は大好きだし、好きな歌手だったヴァネッサ・パラディ(今ではジョニー・デップの奥さん)が出ているというのもあって観てみたら…面白かったぁ♪

 ヴァネッサ・パラディは御大2人のどちらかの娘。『マンマ・ミーア』も同時につき合っていた誰かが父親という話だが、(予告編でみる限り)それはただの浮気女だろメリル・ストリープ!と思ってしまうけど、この2人なら「選べない」というのもうなずける。というかこの2人が思いをよせる女性ってすごいなと思わせるし、ヴァネッサの魅力もその娘として充分説得力がある。
 で、お2人…どちらもその作品をちゃんと観るのはこれがはじめてだったけれど、これが痺れる格好よさ!引退気味だったけどまだまだいけるぜ、という実際の状況ととうまく一致した役柄を楽しそうに演じている。演出も2人の魅力を引き出すことを第一にしているようで、ゆるい展開もあるが、その分2人のいろいろな表情をひと通りみせてくれる。どちらも同じように印象的というのも見事。クレジットの出方はジャン・ポール・ベルモンドが左側なので、こちらが格上ということになるのかな。

 サービス精神も旺盛で歌手であるヴァネッサ・パラディには「ハッピーバースデー♪」と歌わせるし、御大2人は(知らなくても)往年の作品を思わせるシーンがちらほら。
 『ボルサリーノ』ネタでは戦いの準備をするため武器庫に入った2人が「勘が戻るかな」と言いながらそれぞれいかにもギャング映画に出てきそうな古臭いマシンガンとモーゼルを構えるシーン。あとで知ったがこの時、静かに流れるのは『ボルサリーノ』のテーマ曲(ゆっくりめ)!

 すごいオチや仕掛があるわけではないけれど、とにかく大スターの魅力ってこういうものなんだなと思わせる作品。だって、もう2人が一緒の画面にいるだけで、楽しいこと、楽しいこと!

↓『ボルサリーノ』のテーマ曲はこちらで聴けます。


監督: パトリス・ルコント
楽: アレクサンドル・デプラ(最新作は『ベンジャミン・バトン』!)
出演: ジャン=ポール・ベルモンド アラン・ドロン ヴァネッサ・パラディ
109分 フランス

チェ 28歳の革命 (ベニチオ・デル・トロ 主演) [DVD]チェ 28歳の革命 (ベニチオ・デル・トロ 主演) [DVD]


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 語弊を恐れず言えば……まじめすぎません?

 チェ・ゲバラを描く2部作の前編。
 そりゃ、ふざけ半分で描ける題材ではないと思うけれど、「映画」である以上、ある程度の面白さ(笑えるという意味ではなく)は必要だと私は思います。事前勉強しないで観たのも悪いかもしれませんが…例えば『ガンジー』なんかだとまったく退屈することなく観ることができたのですけどね…。脚本がIMDBで調べても2001年に『ジュラシック・パークⅢ』、2006年に『エラゴン 意志を継ぐ者』だけでこの2部作というのも、経験不足なんじゃないかな、と。史実を調べてまとめるので手一杯だったんじゃないかという印象。よく言えばストイック。盛り上げられそうなところもあえて淡々と描くことで冷静にみつめて欲しいということなのかも。イーストウッドの硫黄島2部作も、そんな傾向があったので、可能性はある。(本編と方向性の違う予告編はどうにかしてほしい…)

 そんなわけで起伏のない演出はいまいちなのだけど、この作品を「映画」にしているのはチェ・ゲバラを演じるベニチオ・デル・トロ!演技がすごいというより、強い意志を感じさせるそのたたずまいがいい!どこか醒めているような、でも誰よりも熱い、そんな人物像を演出やエピソードに頼ることなく表現している。こういう人物だからこそみんなついていこうと思うのだろうな、と(こんなに山場のない映画なのに、観客に最後まで見届けたい!と思わせるように)。ゲバラ個人ばかりを描くのではなく群像劇のような作りなのだが、他がなじみのない役者さんばかりということもあって存在感が際立っているのあたりは、キャスティングの勝利。

 面白いとは言えないが、不思議なサムシングは感じさせる映画。それが何なのか、後編を観て考えたい。


モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
ホセ・リベラ

関連商品
チェ・ゲバラ&カストロ [DVD]
モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)
ブエノスアイレスの夜 [DVD]
チェ・ゲバラ 人々のために [DVD]
コマンダンテ COMANDANTE [DVD]
by G-Tools

B001O7I39I『悲しみが乾くまで』映画ポスター

シネマ・タプート
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 現在『チェ 28歳の革命』が公開中のベニチオ・デル・トロの主演作。
 つい最近DVDが出たばかり。
 ベニチオ・デル・トロと言えば私が認識したのは『ハンテッド』での心を病んだ元特殊部隊員の演技。なぜあそこまで心を病んだのか、何を考えているのか、など説明は多くないながら、その表情で何となく納得させてしまう。くわえてアクションのキレのよさ!娯楽映画でも手を抜かないあたり好感度が高い。他には銃撃戦がマニアックな人には評価が高い『誘拐犯』とかもあった。(→『ハンテッド』の感想はこちら

 この『悲しみが乾くまで』は、そんな彼の病んだ演技の集大成!?笑
 元腕利き弁護士なのに麻薬中毒でどうにもならない男。その彼を唯一見捨てなかった親友が撃たれて死ぬ。葬式に出た彼は、その親友の妻から一緒にいて欲しいと告げられ…という物語。誤解ないように言っておくと、単純にその親友の妻と愛し合うようになって…というラブストーリーでは全くない。傷ついた2人がまさに「悲しみが乾くまで」、共同で過す物語。
 監督はスザンネ・ビア。デンマークの女性監督で今回がハリウッド進出作。前作『しあわせな孤独』という作品の宣伝コピーが秀逸だった。<
 span style="font-weight: bold;">「もし、あなたが孤独を感じているなら、すでに、しあわせも知っているはず。」
 なんか落ち込みそうでまだ観てないけど…笑 ちなみに次回作はチャン・ツィイーやアンジェリカ・ヒューストンが出るこれまたひとくせありそうな作品。

 親友の妻にハル・ベリー、死んでしまう親友に『Xファイル』のデヴィッド・ドゥカブニー、元麻薬中毒の少女(?笑)にアリソン・ローマンというこだわりの布陣。

 親友を失った悲しみ、夫を失った悲しみ、繰り返す中毒症状との戦い、それでも流れていく日々。
 ラスト、かすかに見える希望が心地よい。


しあわせな孤独 [DVD]
しあわせな孤独 [DVD]
アナス・トーマス・イエンセン

関連商品
アフター・ウェディング スペシャル・エディション [DVD]
ある愛の風景 スペシャル・エディション [DVD]
悲しみが乾くまで スペシャル・エディション [DVD]
フレッシュ・デリ [DVD]
しあわせな孤独 オリジナル・サウンドトラック
by G-Tools

ペネロピ [DVD]

 今年、最後のレビューはこれで。
 クリスティーナ・リッチが豚鼻・豚耳少女を演じるということで話題になっていた本作。
 とてもかわいらしい作品に仕上がってます。

 雰囲気としてはほんのちょっと『アメリ』風味でスパイスを効かせた感じで、観やすいですがただただ能天気なファンタジーになってもいません。ストーリー的にもひとひねりしてあって、それがそのまま作品のテーマになっているという点は素晴らしいのひと言。音楽、映像ともに突出するものはないけれど雰囲気によく合っている。
  『アダムス・ファミリー』シリーズのウェンズデー役以来久々に普通に可愛らしいクリスティーナ・リッチと『ナルニア国物語』のタムナスさんことジェームズ・マカヴォイが本当に初々しくみえるというのもすごいところ。脇もしっかりと芸達者揃い。本当の悪人というのが出てこないというのも本作の特徴だが、その代わりけっこう皮肉な展開も待っていて、そのへんを納得させる上手なさじ加減の演技。

 これ、テーマに触れちゃうとネタバレになるので詳しくかけないのだが、ポジティブな意味で「やられた!」と思うオチとしては『スウィッチ 素敵な彼女』以来久々だったと思う。
 こういうよい映画に来年もまた出会えますように!
 では、みなさんのこり1時間とちょっと。よいお年を~♪

トロピックサンダーOST
Tropic Thunder

 本気のバカは格好いい!
 
 それを証明する作品がまた新たに誕生した。
 もう登場人物全員バカ!でも全身全霊かけて生き方を貫いているので格好いいことこの上ない!

 ストーリーをさらっと読むと最近では『ザ・マジックアワー』で三谷幸喜も挑戦した状況勘違いコメディ。シリアスな状況に置かれているのに本人はそれに気づいていないというスリリングさと、勘違いを加速させるまわりの反応を楽しむというもので『ギャラクシー・クエスト』やこの手の金字塔『サボテン・ブラザーズ』という傑作を生んだ。それを戦争という現実と本人たちの認識のギャップの激しい設定で、SNL出身で活躍中のイキのいい面子が作るのだから当然期待するなという方が無理!
 …ところがこれは勘違い系のコメディではなかった!なぜなら登場人物が早々と現実を認識してしまうから。
 この映画の面白みは主人公たちの状況の勘違いぶりではなく、戦場においてもブレることのない主人公たちの勘違いぶりにある。生死が問われる場面でも役者論を展開しはじめ、自身のアイデンティティーに悩む。本人たちはいたって本気なのに「役者」という根本のところが違う人々なので、感覚的にズレがあり、そこが笑いを誘う。チャップリンの言う「人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇。」をより強調した格好だ。男性モデルを描いたベン・スティラーの監督前作『ズーランダー』もそうだった。今回は自らも役者である彼が役者を描くということで「感覚のズレ」を突き放して笑いに転化することはできなかったようで、ひどい勘違いぶりにもどこかしら誇らしさが漂う。これをよしとするかどうかで評価は変わってくるが、私はもちろん大OK♪
 そしてクライマックスに待っているのは傑作アクション映画並みに熱い高揚感!

 思っていた映画とは少々違うがとてもよい映画♪
 本気でできない部分を笑いに逃げた「バカ映画」が多い中、どこまでも本気でバカであることを追求したこの作品こそが真の「バカ映画」!何かにバカになれるって素晴らしい!

 あ、そうそう。この映画、トム・クルーズがはじめて格好よくみえた映画でもあります、笑。
 みんな本気だからこそ格好いい!

↑このページのトップヘ