3歳の娘との映画鑑賞記録 ~風人日記~

最近は娘と一緒に映画を観ることが多いので、感想だけでなく、そのときの娘の様子なども記録していきます。 子供にどんな映画をみせたらいいかの情報も募集中! 子供が生まれる前の感想もそのまま残してあります。

カテゴリ: アジア映画

トンマッコルへようこそ

 「忘れられないとびっきりの笑顔に出会える」

 日本版予告編ではそう言ってて、たしかにその通りなんだけど・・・なんというか・・・いや、たしかにとびっきりの笑顔でしたよ。忘れられませんね。
 「笑顔が一番つよいのです」とのコピーも素敵な、韓国映画の健在ぶりをみせつけた傑作。(といっても2005年の映画なのでちょっと前の作品だけど。)

 1950年代、銃すら知らない純朴で平和な村に南の兵士たちと北の兵士たちが迷い込む。もちろん最初は敵対する彼らだったがのんびりした村の人々に影響されしだいに心を通わせていく・・・が!

 ジブリ作品そのままの久石譲による音楽もあってファンタジックな雰囲気すら感じさせる、まるでユートピアのような村トンマッコルの描写が楽しい。こんな村に住んでみたいな、と素直に思わされる。
 で、そこに迷い込む戦争という現実を背負った兵士たち。彼らがしだいにトンマッコルになじんでいく描写が「あ~、いいな~♪」というものなので、この村そのものが戦争に巻き込まれようというときの彼らの決断はもう泣くしかない。戦争の描写が『プライベート・ライアン』以降のリアル路線で、村での平和な生活とはっきりとメリハリをつけているのもいい。

 役者さんでは北の兵士たちのリーダーを演じるチョン・ジェヨンが『シルミド』の第一班長からさらに磨きがかかった男ぶりで格好いい。トンマッコルを象徴するかのようなちょっと頭の弱いヒロインを演じるカン・ヘジョンも文句なしにかわいい。もちろん他の出演者もみんな素晴らしい!

 同一民族が北と南に分かれて敵対している韓国ならではの題材をスパイスにした見事な脚本、嫌味にならない程度の強引さでぐいぐいひっぱる演出、素晴らしい役者、それをサポートする音楽、etc・・・すべての要素がものの見事にうまくいっている。これが韓国映画の円熟ぶりか。たまにこういうのが出てくるのがやはり素晴らしい。

 ま、なにはともあれ、いつでも笑顔でいたいものです・・・って場合によっては笑顔だと怖かったり?笑

シルミド/SILMIDO

 いまさら・・・という気もしないでもないけれど、このブログをはじめる前に観た傑作たちを集中的にレビューしていこうかなというイエスタデイワンスモア企画、笑。好きな映画だけどレビューしてないものが山ほどあるので、ここらでちょっと。

 まずは『シルミド』!
 「泣いた」という表現を使うことが少なくない私ですが、人と映画を観てバレるほど泣いたことは今のところ2回しかありません。そのうちの1回がこの作品を映画館で観たとき。もう号泣!ホ・ジュノがキャンディを落とすシーンからはもう正常な状態じゃありませんでした~。(もう1回は大学時代に友人とビデオで『226』を観たとき、なんか軍隊ものばっかりで泣いてるな・・・。)

 韓国映画も今思えばこの頃の勢いはすごいものがあった。香港映画びいきの私でも香港大丈夫かな?と不安になるくらい。そんな勢いがそのまま乗り移ったかのような熱い熱い大傑作!
 北朝鮮が韓国に特殊部隊を送り込んできた!じゃあこっちもやり返せ!と死刑囚をどうせ死ぬはずだった連中だあ、とばかりに猛特訓。特殊部隊に仕立て上げ、さあ行け~!・・・とはならない大人の事情。その大人の事情によりこんな部隊があってはならない、ということになって彼らの抹殺命令が。ところが最強の兵士になってしまった彼ら、黙って殺されるはずがない・・・。
 というわけでダメ集団が立派な殺人部隊になるまでを描くたがの外れたスポ根映画な前半と、運命に翻弄される泣かせの後半で、深刻な話なのにまったく飽きさせずにみせ切るお腹一杯のエンタテインメント!

 しかし、まあ登場する男たちの面構えのいいこと!主役のソル・ギョングもいいが、それ以上なのが深いニュアンスをもったアン・ソンギ、さらに今回それ以上なのが怖いけどまっすぐな教官を演じたホ・ジュノ!みんなしっかり身体を鍛えているようで、かなりお歳のはずのアン・ソンギまでもが上半身裸で走る訓練シーンはそっち系の人じゃなくても燃えるところ。前半は出撃前の素晴らしい演説&万歳とかはっきり言ってアン・ソンギが一番美味しい。ホ・ジュノが男をみせるのは主に後半。でもネタバレになるので書かないどく、笑。
 
 物語としては生きる目的を与えられた男たちが、それを剥奪され、行き場を失うというのが大きな泣かせどころ(だから終盤での彼らの行動は自己の存在証明のための行動であり、素直に納得できる)。さらにそれだけでなく対番の指導兵と訓練兵が殺し合わなければならなかったり、各登場人物のエピソード、そしてホ・ジュノが有無を言わせず感情をかき乱し盛り上げる。

 戦いこそが生きる道、そう信じたのに戦うことを許されなかったとしたら・・・。あまりにも切ない。
 だけどそういう不本意なことは少なくない。何が待ち受けているのかはわからないのだから、できることはただひとつ、戦うべきときに戦えるようにしておくことだけだ。と、こんなことも考えさせてくれる。こういう熱さも忘れずに持っていたいものですな。
 さあ特訓だ!分度器計れよ 帳面つけよ♪ がんばろ~! 

楽園の瑕

 はい、というわけでウォン・カーウァイの『楽園の瑕』。
 基本的にウォン・カーウァイの作品は香港映画らしからぬ難解さがとっつきにくくて苦手・・・でもこの作品はたしかによくわからないのだけれど、かなり好き。原題は『東邪西毒』。金庸の小説に出てくる武術の達人たちの若き日を描いた作品。原作を読んでいると理解できる部分は多いけれど、なんだかわからない部分はやっぱりわからない、笑。でもとにかく雰囲気がいい!きれいな映像ではなく、ウエスタンっぽさすら感じさせる土っぽい映像もポイント高し。『チャイニーズ・オデッセイ 西遊記』にも流用されてるフランキー・チャンの音楽もしびれるくらい格好いい。

 で、それより何より何がいいかというと、登場人物全員がひねくれてること。これに尽きますね、笑。もう絶対お前ら幸せになれんだろ、という考え方の人物が次から次へと出てくる。「人に拒絶されないためには先に拒絶することだ」とか言ってみたりする・・・いや、一時憧れましたよ。ちょっとだけ実践しようとしました。で、達人にはなれないなと思いましたね、笑。それなりに真理を含んでいるのでたちが悪いのだけれど、この映画に考え方とか影響を受けてしまってはいけません、笑。いや、むしろ達人たちでさえこんな風に悩むんだから、普通の人がちょっとくらい悩むのはOKでしょ、くらいに思って観てればいいんじゃないかと。みんな悩んで大きくなった、と、笑。

 せっかくサモ・ハンがアクション指導をしたのに何をやってるのかさっぱりわからない(絶技だからそれでいいのだ、きっと)とか、登場人物が多すぎて何がなんだかわからない、とかは考えず場面場面を楽しんで観るのとかなり楽しめる・・・というか酔えます。少なくともこの映画をみてる間は「酔生夢死」な感覚を味わえる。たまにむしょうに観たくなる、そんな映画。

 タイ映画、絶好調じゃないですかっ!

 『マッハ!!!!!!!』と『トム・ヤム・クン!』は別格としても『七人のマッハ!』『バトル7』そして本作、とおバカなエネルギーあふれる快作が続いてますね~。(『レイン』みたいなのは作ってないのかな・・・?そういえばあれのハリウッドリメイクはどうなったんだろ?)

 ロケットにのってやって来るヒーローというだけで充分おバカなのだが、それをどこまで本気かわからないくらいおちゃらけなしで描いているところが素晴らしい。やっぱりバカなことは本気でやってなんぼです。
 中盤妖術を使う敵に対するためには処女の「月のもの」の血が必要と言われる主人公。「本当に処女か?」「・・・いつ?」と聞いて、そわそわしながらその日を待つ主人公。これがいたってマジメ!おかげで、ついに「その日」。物干し竿に血の染みたタオルがばっ!と干されるシーンは何か妙に感動的ですらある。

 アクションシーンもなかなか本格的。主演のダン・チューポンは、その容赦のないヒザ蹴りのシャープさはトニー・チャー以上かもと思えるくらいだし、かなり難度の高そうなアクションもこなしている。しかしやっぱり後発ゆえか・・・インパクトでは及ばない。でもまあこのままローカル色の強い怪作をものにしていってほしいもの。

 中盤の展開がゆるかったりもするけれど、なんか洗練される前の香港映画の熱気が感じられて、なかなかに楽しい作品。ヒロインがトニー・チャー並みのアクションをみせる『チョコレート』も楽しみだ。阿部寛が出てるから映画館にかかるのをひそかに期待。
 

シティ・オブ・バイオレンス -相棒- 特別版
 
 ひっさびさの韓国映画鑑賞。
 きっかけは『相棒』が映画化されるって情報が流れた頃に、「相棒 映画」とかで検索かけたら、この映画の公式ページにひっかかって、予告編を観たらまあ面白そうじゃない?って思ったこと、笑。
 で、本編は・・・・・・もうちょっとで傑作だったのにね!というレベル。なかなか熱いし、殴り込みに入るシーン(やっぱり男の殴り込みは喪服が正装だよね、笑。)とかそうそうこういうのが観たいのだよ!という部分もある。でも話自体がシンプルなくせに妙にまわりくどくテンポが悪いのと、アクションシーンがもう一歩エモーショナルとは言えないので、「あー、やってるやってる!」という程度の感想でとどまってしまう。こういう映画が量産されていたらその中からすべてがいい方向に化学反応したような大傑作も生まれるのだろうけどね~。でも嫌いな映画じゃない。

 内容は『ワイルド・ブリット』というか『刺馬』っぽい、昔はあんなに仲良かったのに、今は殺しあわなきゃならんのね、という感じ。全体的には香港映画の影響が大きくて、アクションシーンではちょっとトニー・チャーも意識してます、という雰囲気。あ、間違っても日本のドラマ『相棒』の影響は受けてないと思う。一応主人公は刑事だけど、笑。
 まわし蹴りを主体にしたアクションシーンはなかなかに新鮮。いろいろと工夫をして飽きさせないようにもしている。見せ方によってはもっともっといい映画になっただろうに。

 まあ韓国映画もまだまだ捨てたものじゃないのかな、ということで。たまには観てみよう。

↑このページのトップヘ