3歳の娘との映画鑑賞記録 ~風人日記~

最近は娘と一緒に映画を観ることが多いので、感想だけでなく、そのときの娘の様子なども記録していきます。 子供にどんな映画をみせたらいいかの情報も募集中! 子供が生まれる前の感想もそのまま残してあります。

カテゴリ: 能書き

 当ブログでは星の数でどれくらい好きか、を表現してるわけですが・・・
 
 見返してみると「そりゃないだろ?」という評価もちらほら。

 まあ基本的に大きなブレはないのですが、評価が高すぎたり、逆にこれは5つ星ものだろ、と自分に突っ込むのもあったり。まあ、観た直後の評価なので、ある意味正直なのですが、映画そのものの素の評価ではなく、たとえば一緒に観に行った人がよかったとかそういう要素もあるわけで、笑 気分にもよりますからねぇ。

 とりあえずざっと観て

『キララギ』 ☆☆☆☆→☆☆☆★ 2回目は楽しめなかった。
『新仁義なき戦い 謀殺』 ☆☆☆☆★→☆☆☆☆
『ロケットマン!』 ☆☆☆☆→☆☆☆★
『ワイルド・ブリット』 ☆☆☆☆★→☆☆☆☆☆
『バンテージポイント』 ☆☆☆☆★→☆☆☆☆
『ロッキー・ザ・ファイナル』 ☆☆☆☆★→☆☆☆☆☆ シリーズを観ていくうちに思いいれアップ!

 こんな感じで直したいかな、笑
 あ、でもどれも誤差★1個か・・・案外優秀、笑

 ま、映画は観る環境や気分も関係するってことで、そのときそのとき評価も一定じゃないってことで。
 これからもこんな感じでだらだらやっていきたいと思います。
 ふと気づくとこのブログ、もうすぐ3周年なのでした、笑

 いまさらですが、当ブログの映画感想の星取りについて。
 よくある「☆☆☆☆☆」が「大傑作!」で「☆」が「寝てた方がマシ」とか、そういう基準ではありません。要するに作品としての出来を評価するというような客観的なものを目指すつもりは微塵もありません(小学生のころに挫折しました、笑)。星の数は自分がどれくらい好きかという、それだけでつけてます。で、「★」は「☆」の半分。「星なし」から「☆☆☆☆☆」まで10段階評価になります。
 あと、観るときの気分でも星の数は変わり得ます。その程度のものです。
 好みが似ている人が参考になればいいなぁというのと、自分でどれくらい好きかを確認する意味と、文章を読む前に誉めているのかけなしているのかわかるからいいかなぁ、というようなことで星をつけてます。

 それとあまりけなす文章は書きたくないので、基本的に「☆☆」以下はないと思います。参考までに「星なし」作品はこんなの、って書こうかなとも思いましたが、悪趣味なのでやめます、笑。最近は自分の気分に合わせて、楽しめそうな映画をあまりはずさないで選ぶことができるようになってきたので、「☆☆」以下になりそうな作品は最初から観ないという傾向もあります。

↑このページのトップヘ